HPトップへ

自治体の皆様/帰国者支援の皆様へ

「介護に係る研修会」用資料について

 永住帰国した「中国残留日本人孤児」と呼ばれる人々とのその配偶者の平均年齢はあと少しで後期高齢者の域に達しようとしています。彼らが介護保険サービスを円滑に適切に利用できるよう支援していくことが、これからの一番重要な課題となると思われます。
平成25年度、中国帰国者定着促進センターでは、厚労省の委託を受けて、自治体が企画する、(1)支援・相談員、自立支援通訳等の方々向けに行われる研修会、あるいは(2)介護関係事業所や施設の運営者やスタッフの方々向けの説明会などで活用可能な資料の開発等を行いました。

●介護情報(研修会情報)提供について

作成資料一覧(全ての資料が見られます)

●中国帰国者事情・中国文化事情

*春節飾り

*中国家庭料理簡単レシピ〈中国残留邦人「しゃべり場」ITサロン作品『楽々 おいしい料理』〉より

*中国美女の塗り絵
   ダウンロード、プリントしてご利用いただけます。

1.踊り      2.琵琶      3.笛      4.花


*帰国者とは    1)歴史背景
                       2)手記・体験記

中国帰国者・樺太帰国者への通訳派遣制度について

*厚生労働省版はこちらから

 ●中国語の対応が可能な介護事業所一覧(厚労省HP)

       *追加資料はこちらから(支援交流センター)

新着情報


2016/2/29 資料がすべて見られるようになりました。

2016/2/12 指差し会話帳日露版(デイサービス編編)できました。

2016/2/1 指差し会話帳日露版(訪問介護編)できました。

2015/11/25中国語の対応が可能な介護事業所追加資料 1箇所(埼玉県さいたま市)追加しました。

2015/10/20 (1)D『認定調査』、E『基本用語』、F『助かった!』、J『Q&A』一部改訂しました。

2015/10/14 介護保険制度の改定により (1)@『手引き(日中版)』改訂しました。

2015/7/28 厚労省の「中国語の対応が可能な介護事業所一覧」が更新されました。

2015/6/29 中国語の対応が可能な介護事業所追加資料 1箇所(東京都東久留米市)追加しました。

2015/6/10(2)CコミカードABのロシア語版ができました。

2015/6/10 (2)CコミカードABに訂正があります。ご利用の際は最新版をお問い合わせください。

2015/5/20 (1)F「これで助かった!−中国帰国者介護保険サービス利用実例集−」(1)J「こんなときどうする?支援・相談員等のための介護サービスQ&A」中国語版できました。

2015/5/18 中国美女の塗り絵をアップ!デイサービスなどの介護施設でご利用ください。

2015/4/9 (1)F「これで助かった!−中国帰国者介護保険サービス利用実例集−」(1)J「こんなときどうする?支援・相談員等のための介護サービスQ&A」できました。(作成資料一覧表)

2015/4/1 (2)D「樺太(サハリン)帰国者事情・介護事情あれこれ」ができました。(作成資料一覧表)

2015/3/31 (2)@A「中国帰国者とは」、B「帰国者事情・中国事情文化あれこれ」に中国語版が加わりました。

2015/3/26 中国語の対応が可能な介護事業所追加資料(東京3、長野・愛知・広島 各1)アップ

2015/3/25 (1)G『認知症ってどういう病気?』日露対訳版、(1)H『認知症ってどういう病気?』(簡略版)ロシア語版 作成資料に追加

2015/3/3 厚労省のHPで「中国語の対応が可能な介護事業所一覧」が見られます。

2015/2/18(2)作成資料一覧表に介護施設で使えるC-C『行事お誘いポスター』にロシア語版をを追加しました。

2015/2/6 (1)D「認定調査について(中文版)」の訂正表。H27年1月版以前のものをご利用の方はこちらから。

2015/1/9 認知症に関する資料の試作版(1)GHIを追加しました。

2014/12/19 6月版以前の(1)@『介護保険制度の手引き』の訂正表はこちらから。

2014/10/30 (2)作成資料一覧表に介護施設で使えるC-C『行事お誘いポスター』を追加しました。

2014/9/19 (2)@@,A『中国残留邦人等とは』全文掲載しました。

2014/7/18 (1)@『介護保険制度の手引き』UPしました。(介護保険の基本について日本語/ロシア語で解説)

2014/7/17(1)E『介護の基本用語』ロシア語/日本語版UPしました。(基本用語37語)

2014/7/10 介護施設の皆様へ「中国東北部の家庭料理とレシピ」UPしました。食欲をそそる写真付き。

2014/5/26 「介護研修情報」サイト立ち上げました。

介護研修会などを予定されている自治体の皆さまで資料の活用を検討したいとお考えの方は、こちらのメールから、当センター介護研修情報担当までご連絡ください。

 

連絡先:中国帰国者支援交流センター
     tongtong@kikokusha-center.or.jp
     пF03-5807-3173 fax:03-5807-3174
     介護研修情報担当: