《中国帰国者定着促進センター》閉所
および事業統合のお知らせ



中国帰国者定着促進センター※(所沢センター)は、H28年(2016年)3月末日をもって閉所、事業は東京都台東区の中国帰国者支援・交流センター(首都圏センター)に統合されることになりましたが、所沢センターのホームページはこのまま
「 同声・同気 :《 旧 》中国帰国者定着促進センター」 のHPとしてご覧いただけます。

※コンテンツ等についてのご意見・ご質問等は以下の連絡先にお願いいたします。


公益財団法人中国残留孤児援護基金

中国帰国者支援・交流センター

(月曜日・祝祭日休館)

 〒110-0015 東京都台東区東上野1-2-13 カーニープレイス新御徒町7F 

メール:info@sien-center.or.jp     HPhttp://www.sien-center.or.jp/

定着促進事業についてはこちらのHPからもご覧になれます。

電話 03-5807-3171/FAX 03-5807-3174


※ 中国帰国者定着促進センターは、公益財団法人中国残留孤児援護基金が厚生労働省の委託を受け、日本に永住帰国した中国/樺太(サハリン)残留邦人を対象に、帰国直後の4か月間、(その後6ヶ月に延長)、「日本語・日本事情」教育を集中的に行う国の研修施設として、1984年2月、埼玉県所沢市に開設され、これまでに中国/樺太を合わせた帰国者1802世帯6644名を全国各地に送り出してきました。
近年、永住帰国希望者のほとんどが帰国を果たしたことにより入所者は減少、H28年(2016年)3月末日をもって、定着促進センターとしての32年の歴史に幕を下ろすこととなりました。
なお、当センターでは、この帰国直後の集中研修とならぶ定着促進事業として、全国各地の帰国者を中長期的に支援する「遠隔学習課程(通信教育)」を実施しておりましたが、この通信教育事業、また今後新たな永住帰国希望者が帰国した場合の集中研修事業につきましては、上記の中国帰国者支援・交流センター(首都圏センター)に統合されることになりましたので、当センター閉所後も、皆さまには引き続きご支援くださいますようお願い申し上げます。

   平成28年3月